| オレキトク ~自虐の詩~ | 管理者ページ | RSS |
オレキトク ~自虐の詩~

ROのThor鯖に生息する、かつて暗殺者だったHighWizardの記録である
--年--月--日   スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP
2005年04月17日   アラームについて
そもそも自分がアラームのことを知ったのは、
ROを初めてまだ間もない頃。
暗殺者の追跡を行うにあたり、様々なサイトで
暗殺者について調べていた時のことだった。

あるフラッシュにたどり着いた。
某サイトで、「必見」と書いてあった。
こちらの「FLASH画廊」
→「あるアサシンの物語」で、見ることが出来る。
また、元ネタのテキストも、こちらの「アサシン物語」に存在している。
以下、少々ネタバレである。隠さないけれど…。
たいしたネタバレでもないので、おそらく問題はなかろう。

Lv90になり
アラームなどの上級モンスターも
余裕なクリアサになった

…という表記である。
「アラームってなんだろ」と、情報サイトを見てみる。
そもそも、どこに出るモンスターなのか、わからない。
どうにか発見する。
95%FLEEの値が218。なんだ、これは。
今でこそFLEEの値も260を超える暗殺者だが、
当時はFLEE134(←この数字、適当)の盗賊だった。
凄まじいと思った。
そうか、強くなればこんな凄いのも余裕なのか、と。
それ以来、私にとって「アラーム」とは
上級モンスターの代名詞となった。

…という背景がある。
今やLv90も超え(「早ネタ切れ」参照)、
「クリアサ」ではなく「二刀メインのスイッチ」ではあるが、
アラームは余裕でなんとか狩ることが出来る。
当時と比較すれば、強くはなった。(あたりまえだ)
だが、どこかしら、何かを確信するには至らない…。

<言い訳>あの物語が作られた当時は、LUKを40だけ振れば
コボクリx2&TCJで100%クリティカルが出せた時代なのだ。
それ以外は全てAGIとSTRにつぎ込めた時代なのだ。</言い訳>

04:59 アラーム物語 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP
<<アラームを過度に愛する者 / HOME / 別れ>>
コメント
コメントの投稿





 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
TRACKBACK URL
http://lars.blog7.fc2.com/tb.php/6-20ce126f
HOME


Copyright © 2004 Powered by FC2 All Rights Reserved.
Photo by Butterflyxxx  Template by lovehelm
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved for Every Contents from Ragnarok Online.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved for Every Contents from Ragnarok Online.
Redistribution Prohibited.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。